客室の例(キングゲストルーム)
お出かけ・買い物

京都初進出! 9月オープンのラグジュアリーホテルが予約開始【京都市中京区】

2024年9月12日(木)、『ヒルトン京都』が河原町三条にオープン予定です。また、6月4日(火)よりホテル公式サイトにて予約を開始しました。

「ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ」として京都初進出

『ヒルトン』は、126の国と地域に約7,600軒以上のホテルを展開。日本では6ブランド、27軒のホテルを展開しています。

“世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であること”をミッションに掲げ、創業から100年以上の歴史の中で30億人を超える宿泊客数をほこっています。

ヒルトン京都外観
画像:東京建物株式会社

『ヒルトン京都』は、ヒルトンのフラッグシップ・ブランドである『ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ』として京都に初進出します。ヒルトングループとして京都に進出するのは今回で5軒目。

また、『ヒルトン京都』が位置する河原町三条は、観光地や地域住民で賑わう京都の中心市街地。交通の便も良く、人気の観光地へもアクセスしやすい立地となっています。

ロビーカフェ&バー
画像:東京建物株式会社

コンセプトの“京都SYNAPSE(シナプス)”には、歴史と現代、伝統や革新、京都が持つさまざまな魅力と宿泊客を結びつけ、新しい発見と出会いを提供したいという想いが込められているのだそうです。このコンセプトは“ORIMONO(織物)”というデザインテーマとして施設の随所に落とし込まれています。

「ヒルトン京都」の客室や館内施設は?

バリエーション豊富な客室

客室の例(キングゲストルーム)
画像:ヒルトン京都

客室は、16タイプ5カテゴリーの全313室。日本の伝統的な美しさを取り入れた和のデザインを基調としています。

ビジネスや観光にも利用しやすい約40平方メートルのスタンダードルームのほか、スイートルーム、コネクティングルームもスタンバイ。特別な日の利用やグループでの宿泊も快適に過ごせます。

特別なおもてなしが受けられる「エグゼクティブラウンジ」

『ヒルトン京都』エグゼクティブラウンジ
画像:ヒルトン京都

9階のエグゼクティブラウンジは、エグゼクティブルームまたはスイートルームの宿泊者のみが利用可能な専用ラウンジ。チェックインやチェックアウト、朝食やアフタヌーンティー、イブニングカクテルなどの特別なサービスを受けることができます。

4つの料飲施設も目が離せない!

『ヒルトン京都』ルーフトップバー
画像:ヒルトン京都

『ヒルトン京都』には、オールデイダイニングやスペシャリティレストラン、ロビーカフェ&バー、ルーフトップバーといった4つの料飲施設が館内に設けられています。

国際色豊かなメニューや京都の食材を調理した地中海メニューなど好みや利用用途に合わせて選択可能。また、最上階には鴨川や東山の風景が一望できるルーフトップバーも。時間帯や季節によって異なる景色を楽しめます。

屋内プール
画像:東京建物株式会社

この他にも、『ヒルトン京都』はスパ、フィットネスセンター、屋内プール、宴会場・会議室を兼ね備え、快適な宿泊環境が整えられています。

【詳細情報】
ヒルトン京都
住所:京都府京都市中京区河原町通下る二丁目下丸屋町416
客室数:313室
オープン予定日:2024年9月12日(木)
※画像はイメージです。

関連記事:京都駅近くに「マリオット」の新ホテルが2026年に開業【京都市南区】

文/きょうとくらす編集部

【画像・参考】
ヒルトン京都 2024年9月12日(木)の開業に向け、6月4日(火)より宿泊予約の受付開始 – PR TIMES
「ヒルトン京都」竣工、2024年9月12日開業決定 – PR TIMES
※この記事はリリース公開時点の情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。