宮津燈籠流し花火大会
お出かけ・買い物

【2024年最新】京都で開催される「花火大会」5選

夏の代表的な風物詩ともいえる花火。夏の間に一度は見たいと思う方もきっと多いですよね。

そこで今回は、2024年7月以降に京都府内で開催される『花火大会』を5つご紹介します。最後には花火も見れる“砂浜のライトアップイベント”も紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね◎

1:【7月28日(日)】みなと舞鶴ちゃった花火大会2024

『みなと舞鶴ちゃった花火大会』の花火
画像:舞鶴商工会議所

舞鶴地方の方言「ちゃった」が由来の、夏の夜空を華麗に演出する『みなと舞鶴ちゃった花火大会2024』。山々に反響する音や水面にうつる花火は圧巻です。

舞鶴市民からの募金による“みんなの花火”や、連続で打ち上げられるスターマインなど、色とりどりの花火が夏の夜空を彩ります。1年毎に東地区・西地区で交互に開催しており、2024年は東地区で開催されます。

【詳細情報】
みなと舞鶴ちゃった花火大会2024
開催日時:2024年7月28日(日)19:30~20:10
開催場所:東地区海岸
打ち上げ本数:約3,000発
雨天の場合:翌日に順延 ※2024年7月29日(月)
駐車場:臨時駐車場開設予定
※混雑回避のため、できる限り公共交通機関をご利用ください。

2:【8月9日(金)】千日会観光祭

『千日会観光祭』の花火
画像:久美浜町観光総合案内所

約1,700発もの花火の打ち上げに加え、かぶと山で大文字が点灯し、久美浜湾では灯籠流しが行われる『千日会(せんにちえ)観光祭』。大文字点灯の厳かな輝きに、花火、水面で揺れる灯篭が、日本の夏らしさを堪能させてくれる花火大会です。

『千日会観光祭』の花火
画像:久美浜町観光総合案内所

この日に如意寺へお参りすると“千日分のご利益がある”といわれているのだそう。花火大会の前に是非参拝してみてくださいね◎

【詳細情報】
千日会(せんにちえ)観光祭
開催日時:2024年8月9日(金)19:30~20:30
開催場所:久美浜公園
打ち上げ本数:約1,700発
駐車場:約500台

3:【8月11日(日)】亀岡平和祭保津川市民花火大会

『亀岡平和祭保津川市民花火大会』花火
画像:亀岡市商工観光課

『第73回 亀岡平和祭保津川市民花火大会』は、“2尺玉”と呼ばれる玉の直径が約60cm、開花時には直径約500m(京都タワー約4個分)にもなる特大の花火が夜空を覆い尽くす迫力満点の花火大会です。全域音響システムによる音楽とともに、日本屈指の花火師が約10,000発の花火を打ち上げます。

『亀岡平和祭保津川市民花火大会』
画像:亀岡市商工観光課

混雑回避、安全対策として、全エリア完全チケット制で行われます。チケット販売は2024年8月10日(土)まで。詳しくは『保津川市民花火大会 公式サイト』をご確認ください。

【詳細情報】
亀岡平和祭保津川市民花火大会
開催日時:2024年8月11日(日・祝)19:30~20:30
有料観覧席一般販売:2024年7月上旬~8月10日(土)
開催場所:亀岡市保津橋上流
打ち上げ本数:約10,000発
雨天の場合:小雨決行・荒天中止

4:【8月16日(金)】宮津燈籠流し花火大会

宮津燈籠流し花火大会
画像:天橋立観光協会

約3,000発もの花火が打ち上がる『宮津燈籠流し花火大会』。花火が打ち上げられる同日の19時20分からは、精霊船流しや燈籠流しも行われます。

宮津燈籠流し花火大会
画像:天橋立観光協会

初盆を迎えた家から順に流される精霊船を囲むように、家々から紅白の追っかけ燈籠を流す“燈籠流し”。この慣わしに、大正13年の国鉄宮津線開通年を祝って打ち上げたのが始まりと伝えられている歴史ある花火大会です。

今年は、宮津市制施行70周年と、宮津線開通100周年が重なった記念すべき年であるため『宮津市制施行70周年記念事業・宮津線100周年記念事業宮津燈籠流し花火大会』として開催されます。

【詳細情報】
宮津燈籠流し花火大会
開催日時:2024年8月16日(金)19:50~20:30
開催場所:宮津市島崎公園及び宮津湾周辺
打ち上げ本数:約3,000発
雨天の場合:小雨決行
駐車場:無料駐車場あり ※決定次第『宮津燈籠流し花火大会 公式HP』に掲載

5:【8月24日(土)】伊根花火

『伊根町観光協会』
画像:伊根町観光協会

伊根町の夏の風物詩『伊根花火』。伊根湾のど真ん中から打ち上げられる色とりどりの花火と舟屋の街並みは息をのむ美しさ♡ 舟屋から花火を眺めている人からも思わず歓声が響き渡るそう。

当日は、17時ごろから地元の食材を使った屋台の出店もあるので、屋台グルメも楽しむことができますよ◎

また、花火大会当日は交通規制が実施されます。
国道(178号線)からメイン会場方面へ向かう道路は周辺の駐車場が満車になり次第、車両での進入は一切できなくなるため、時間に余裕をもって来場するのがおすすめです!

【詳細情報】
伊根花火
開催日時:2024年8月24日(土)20:15~20:45
開催場所:伊根町七面山駐車場周辺
打ち上げ本数:約1,300発
雨天の場合:小雨決行・荒天順延
駐車場:無料駐車場あり

番外編:【7月6日(土)〜10月14日(月・祝)】天橋立まち灯り

天橋立まち灯り
画像:天橋立観光協会

天橋立の砂浜が幻想的な光でライトアップされる『天橋立まち灯り』。ヒカリの松のトンネルをくぐり抜けると、砂浜には彩り鮮やかな光の世界が広がります。時間の経過とともに光の色彩が移りゆくのを眺めながらゆっくりお散歩を楽しむのも素敵ですね♡

天橋立まち灯り
画像:天橋立観光協会

また、『天橋立まち灯りぶらり散策』を4日間のみ特別開催! 天橋立ナイトクルーズや、ライトアップされた智恩寺山門と和傘の灯りの幻想的な世界が広がる『智恩寺山門和傘灯り』、そして5分間で75発の花火があがる『みやづBAY花火』も楽しむことができます。

【詳細情報】
天橋立まち灯り
開催日時:【天橋立まち灯り】2024年7月6日(土)〜10月14日(月・祝)19:00~22:30
【天橋立まち灯りぶらり散策】7月14日(日)、7月21日(日)、7月28日(日)、8月4日(日)18:00〜21:00
開催場所:天橋立の砂浜(文珠側)
打ち上げ本数:約75発

夏の思い出作りにぜひ、花火大会を訪れてみてくださいね。

文/きょうとくらす編集部

【画像・参考】舞鶴商工会議所/久美浜町観光総合案内所/亀岡市商工観光課/伊根町観光協会/天橋立観光協会
※この記事は配信時点の情報です。最新の情報はHPなどをご確認ください。