ブリュレキョウトのクレームブリュレドーナツのテイクアウト
グルメ

通販で爆発的人気! 食感がたまらない「日本で唯一のドーナツ」【京都市中京区】

京都には人におすすめしたくなるようなスイーツがいっばいありますよね♡

連載『きょうとのスイーツとくらす』では、きょうとくらす編集部が「ぜひ一度食べてみてほしい!」とみなさんにおすすめしたスイーツをご紹介します!

今回は、日本で唯一ここでしか販売されていない驚きの“ふわっ・サクッ・とろり”食感のクレームブリュレドーナツ専門店『BRULEE KYOTO(ブリュレキョウト)』をご紹介します。

京都にしかないクレームブリュレドーナツの専門店

ブリュレキョウトの店舗外観
画像:さとみ縁

『BRULEE KYOTO』があるのは、京都市営地下鉄『二条城前駅』から徒歩10分ほどのところにある『京都三条会商店街』。世界遺産である『二条城』の観光ついでやお買い物の合間に立ち寄ることができます。

『BRULEE KYOTO』は、世界で京都にしかない『クレームブリュレドーナツ』の専門店。店舗は、ヴィンテージ風な電球が下っていて落ち着いた雰囲気。

ブリュレキョウトの店内
画像:さとみ縁

店内にイートインスペースが2席ありますが、おすすめはテイクアウトをしてお店の目の前の『三条大宮公園』でいただくこと!

筆者が訪れた6月は緑がきれいで、公園でくつろぐ人が多くいました。

“ここでしか食べられない”にこだわったインパクトあるドーナツ

クレームブリュレドーナツ
画像:さとみ縁

店主が世界で初めて作ったという『クレームブリュレドーナツ』(350円)。表面にはパリパリのキャラメリゼ、中にはカスタードクリームがたっぷり詰まったインパクトのあるドーナツです。

生地には豆乳を使用しています。さらに、ふわふわの食感となるよう、独自の製法とその日の天候に合わせて水分量を調節するこだわりぶりです。

店内の厨房で揚げた後、一つひとつ手作業でカスタードクリームを詰め、グラニュー糖をまぶしてキャラメリゼします。1日平均1,000個以上作っているそうです。

クレームブリュレドーナツの仕上げにキャラメリゼ
画像:さとみ縁

『クレームブリュレドーナツ』は、お取り寄せや自宅に持ち帰ることもできますが、京都のお店では作りたてがいただけます。

食べ歩き用は、なんと目の前でグラニュー糖を炙ってキャラメリゼしてもらえます♡ じゅわっと溶けていく様子はすでにおいしそうです。グラニュー糖が少し冷めてくると、こんがりとしたキャラメリゼが完成します。

めくるめく食感のハーモニー! やみつきになる唯一無二の味わい

食べ歩き用のクレームブリュレドーナツ
画像:さとみ縁

手に持ってみると、思ったよりも大きめで重みもあります。できたての温かさにわくわくしながら一口かじってみると、まるで空気のような軽さとあっさりした甘さにびっくり!

最初の口当たりはふわっとしているのですが、かじるとサクッとしています。生地の揚げ時間を調整することで上半分はふわふわ、下半分はサクサクの食感が生まれるのだそうです。

食べ進めていくと、キャラメリゼとカスタードクリームに到達。パリッパリのキャラメリゼはほろ苦く、ほどよいアクセントを加えてくれます。

かなり甘めかと思いきや、意外にさっぱりした甘さでいくら食べても飽きが来ません。
とろっとしたカスタードクリームはしっかりめのテクスチャーで、垂れてくることはなく食べ歩きもしやすいです。

自然栽培の豆を使ったホットコーヒー
画像:さとみ縁

ドーナツのおともとして『ホットコーヒー』(500円)もいただきました。

『BRULEE KYOTO』のコーヒーは、ウガンダで採れた自然栽培のコーヒー豆を使用した珍しい一杯。自然に育つため、化学肥料などを一切使っていないのが特徴なのだそう。

飲んでみると、あっさりした味わいですっきり。酸味はまったくなく、後味にほどよい苦味が広がり、さっぱりした甘さの『クレームブリュレドーナツ』にぴったりです。

テイクアウトカップにたっぷりと入っていますが、スリーブがついていて熱くないのも、持ち歩きにうれしいです。

冷凍庫で冷やすと異なる食感も楽しめる♡

半解凍したクレームブリュレドーナツ
画像:さとみ縁

さらに、『クレームブリュレドーナツ』は冷やし固めてもおいしいということで、持ち帰って試してみることに。

半日冷凍した後、10分ほど常温に置いて半解凍状態でいただくと、中のカスタードクリームが固まり、まるでアイスクリームのようになりました。口の中で少し溶けると、できたてのとろとろ感とは異なる食感が楽しめました。

また、少ししっとりと落ち着いた生地はしゅわっとなくなる食べ心地に変身。ほろ苦さの増したキャラメリゼやなめらかなカスタードクリームと一緒に食べると、まるでケーキを食べているかのような満足感がありました。

手間暇かけたこちらのドーナツは通販での購入も可能で、大人気なのだそうです。ぜひ一度、味わってみてくださいね!

【店舗詳細】
BRULEE KYOTO(ブリュレキョウト)
住所:京都府京都市中京区上瓦町69
電話番号:050-1133-2180
営業時間:09:00~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:不定休

関連記事:フランスの素材を活かした本場の味わい! 繊細で洗練されたパンの世界【京都市中京区】

文/さとみ縁

【画像】さとみ縁
※最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。
※文中の価格はすべて税込みです。